読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語多読、小学生からはじめると・・・

おやこ英語出遅れた!小学生からでも間に合うのかな?ということを検証したいと思います。

わからないけど、わかる。

順調にバリバリ読み続けるTTに対し、

ムラがありまくりのMK。

 

今週はちょっと体調を崩したりして、

英語の本はあまり読めてません。

 

それでも、

車の中ではキッパーのお話のDVDを流して、

少しづつですが、

インプットは継続するようにしています。

 

f:id:jugon0803:20161125100110j:image

 

こちらのDVDがですねー、

たまに英語の字幕が出たり出なかったり。

 

私は内容はほぼ理解できますが、

子供達はうすらぼんやりとしかわからない様子。

でも、楽しいと言って見てくれます。

 

 

ある日突然、

MKが、

「We got a rock, throw it away.

We got a rock, throw it away.」

と言い出しました。

 

正確には、

「ヴィガッタロッ、トゥーアエー」

みたいな、音と抑揚を真似てるだけで、

最初は何を言ってるのかわからなかったのですが、

岩を持ち上げて、

投げる仕草をセットでやってくれたので、

ピンと来てわかりました。

 

お話の一つで、

若返りの泉の所で、

モンスターがこのセリフを言いながら岩を投げるシーンがあり、

なぜかそのリズムと音が気に入ったMKは、

真似をして口ずさんでいたらしいんですね。

もちろん、文章も正確な意味もわかってません。

 

 

けど、「ヴィガッタロッ」で岩を持ち上げて、

「トゥーアエー」と来たら、投げる、

と言うのはわかってるもよう。

 

 

 

すごいな〜すごいな〜。

 

 

わからないけど、わかる。

ってこういう事なんだな。

 

(訳せないけど、わかる。でも良いですね)

 

 

TTは、

いわゆる学校英語から英語を始めてしまったため、

どうしても英語の単語や文章の、

日本語の意味を確認したがります。

一方MKは、

こうした音真似と、

絵や画像から意味を何となく推測して、

つなげて、

ボンヤリと英語を獲得しつつあるようです。

 

 

TTは急激に成長していくのがわかりましたが、

MKは、こっちがヤキモキするくらい、

成長がなかなか感じられませんでした。

けど、半年経ってやっとこさ、

時折、

オヤっ?という事が散見され始め、

少しづつ成長しているのが感じられるようになりました。

 

 

まだまだインプットもアウトプットも全然足りませんが、確実に進歩してるのがわかります。

 

 

英検○級合格

 

 

のような、目に見えるハッキリしたモノではありませんが、絶対にすごい力がついている!

日々そう感じる事が多くなりました。

このまま1年、2年と続けるとどうなっていくのだろう?

 

幼少期から始めたわけではないので、

バイリンガルキッズのようにペラペラ話せるようになる事は期待してませんが、

少なくとも、

俺、英語得意!英語、好き!

そう言ってもらえたら合格かな、と思います。