読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語多読、小学生からはじめると・・・

おやこ英語出遅れた!小学生からでも間に合うのかな?ということを検証したいと思います。

夢中になれるもの

TTは、よく本を読む子です。

読み始めると、止まらない。ストーリーにズッポリハマって、全ての動きが止まってしまうくらい。

 

昨日も、チェスをやってる時…

私「ハリーポッターで、チェスしてる場面あったよね?あれって、秘密の部屋だっけ?」

 

TT「イヤ、確か賢者の石だよ。待ってて、確かめてみるー」

 

そう言って本を取りに二階に行ったきり、彼は帰って来ませんでした…。

ハリーポッターと賢者の石を一から読み返し始め、夜寝る前も、早く寝なさーい!と私に怒られつつ、読んでました。

 

一方、MK。

ゾロリやオウマガトキ学園など、ツボにハマると読むには読むけど、TTほどの読書量は無いです。

 

しかし、2人とも漫画は大好きです。

 

 

そんな彼ら、英語の本は?

やはり王道ORTがお好きなようです。

 

そして、彼らの語数稼ぎに一役買ってるのが、MANGAです。

 

うちでは、翻訳版の暗殺教室、そしてアラレちゃんが大人気。

MKに至っては、お前絵しか見てなくね?

って思わないでもないですが…

2人とも、私が「読みなよ」って声かけしなくても、本棚から自主的に持って来て、ソファーの脇に積み上げて読んでます。

 

ちなみに、私個人的にはバイリンガル版のMANGAは好きではないです。

映画もそうだけど、日本語の訳や字幕があると、どうしてもそちらを頼ってしまうので…

わかってもわかんなくても!英語オンリーでインプットした方が良いような気がします。

 

そして、MANGAは、けっこう英文としては難しいです。単語もわかんないのたくさんあります。

絵が多い分、文章は読まれずに飛ばされてることと思います。

だから、語数は、私がかなーり低く見積もって、適当に「3000語」とか決めちゃってます。

 

いい加減が好い加減で。

 

ebayでマンガ探すのが楽しみです。

お値段が高いのが難点ですが…こういう、楽しく英語に触れられる物は、お金に換え難い価値があると思うので、少しずつ、増やしていきたいと思います。