読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語多読、小学生からはじめると・・・

おやこ英語出遅れた!小学生からでも間に合うのかな?ということを検証したいと思います。

テキスト不要の英語勉強法

この本、良いよ。

 

f:id:jugon0803:20170213140845j:image

 

はじめは、Yahoo!ニュースでこの本の事を知りました。

 

表紙を見るまでは、

この本を書いたのは、

いつも参考にさせていただいている現役高校教師ブロガーの「オレ流」さんが、

ついに実名で本を出版されたんだ!

と思ってました。

 

が、

 

違いました。布村先生でした。

 

(ちなみにオレ流さんは、電子書籍で出版されてます)

 

 

で、本の内容です。

 

一言で言うなれば、

 

 

「アウトプットの重要性」

 

 

これに尽きると思いました。

 

特に、テキスト不要、と表紙でうたってますが、

インプットについては、

巻末にオススメニュースサイトや動画など紹介し、

生きた良質な英語に触れる事を推奨してますが、

読む量の検証や、多読記録を取るなどの指示は無いようです。

記録に関しては、お気に入りのフレーズノートを作成し、それを使うよう勧めています。

 

 

自分が分かる範囲の単語で、

言いたい事。相手に伝える大切さ。

 

つまり、

 

 

「言語とは伝達のいち手段である」

 

 

と基本に立ち返った当たり前のことを

実に鋭く再認識させてくれる内容です。

 

多読に関連したポイントについて、

私の感触では、

「本のレベルよりも、本人の興味のあるものを選ばせる」

ここが重要かな、と思いました。

 

 

あとは、やはりこういったやり方で、

ちゃんと進学実績を出していらっしゃるというのは、

やはり英語を今までとは違うやり方でどーにかしたい。

と思っている私のような者には大変心強いです。

 

 

自分の今までしてきた事を振り返ると、

アウトプットがまだまだ足りないと痛感しました。

 

こんな風に、英語教育の流れがどんどん変わっていく事に、すごく期待をしています。

 

指導者の力量が正に問われる正念場と思いますが、

先生こそ、流暢に喋る必要はないんじゃ無いかな?

むしろ、

簡単な単語をつないでつないで、

子供達にこれで良いんだ!

って事を見せてあげれたら。

なんて。

 

おやこ英語の現場で、

全く英語できないお母さん達が、

たどたどしい英語で子供に語りかけ続け、

インプットとアウトプットを繰り返す事で、

国産バイリンガルの子供が誕生しています。

 

このことからも、

これはひどく正しい方法であると思います。

 

 

 

出川先生

我が家のお気に入りTV番組、

イッテQで閃きました。

 

(イッテQをご存知ない方はごめんなさい)

 

出川さんが、NYで体当たりで街頭インタビューを繰り返し、

お目当の場所に辿り着くというコーナー。

 

f:id:jugon0803:20170212211326j:image

 

aircraft carrier

エレクトリカルキャビア

と言ったり、

 

Van Gogh

バンゴー

と言ったり。

(これは発音的にほぼOKだと思いますが)

 

大笑いして観てましたが、

我々は字幕を読んでるから笑えるのであって。

 

字幕なしで、外人を目の前にして

初めて聴く単語を耳にした場合、

かなりの日本人が出川化するのではないかと思いました。

 

でも、それって悪いことではなくって。

 

正しい英語の運用に繋がる、

とてもとても重要なステップだと思います。

 

What time is it? 

ホワット  タイム  イズ  イット?

とブツ切りしてたら、一生英語は「できる」ようにはならないと思います。

ホッタイモホジクルナ

の方が、確かに私達の中に根付き、

使えるものになると今は確信が持てます。

 

 

先日英検準2級の教本を本屋で見てみましたが、

内容が高校レベルになると、

文法の説明もかなりめんどくさくなってきますね…

 

自分の高校生の頃などスッカリ忘れてましたが、

こりゃあ英語が嫌いな子供が多いわけだわ。

と思いました。

 

英語の時間に、こんなに込み入った文法の解説に時間取るなら、

それこそ多読多聴アンド、

イッテQの出川さんのおつかいシリーズ見せた方がなんぼか役に立つんじゃないかなと思いました。

 

って言うのは言い過ぎかしら?

 

そんな本を読んだので。

ほんとはそのことをブログに書こうと思ったのですが、

出川さんがあまりに良いネタをくださったので、

急遽変更。

本の話はまた明日…。

 

 

ガッチリ☆

Youtubeで、良いもの見つけました。

 

f:id:jugon0803:20170210100526p:image

 

 ドラゴンボールの、英語吹替版。

 

Dragonball

 

などと、英語で検索するとたくさん出てきます。

 

TTはもうすぐ中学生ですが、

いまだに日曜日朝9時のテレビ放映は、

毎週録画してます。

 

なので、これ英語だったら良いのになー

と思ってyoutubeで検索したら、ありました☆

 

朝ごはんの時に流してみたら、

まんまとハマり、食いついてみてました( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

ポイントは、古いやつって事ですかね。

日本語の漫画でストーリーはわかってるし、

古いので逆に新鮮味をもって楽しんでる様子。

 

さすがにセリフはmagic keyなんかよりぜんぜん早くて、私でも何言ってるんだかわかんない所がたくさんありましたが、

本人達は十分楽しんでる様子。

あと、知ってる単語が出てくると、

真似して繰り返したりしてますね。

 

「He vanished〜!」

 

とか、TTがっ∑(゚Д゚)!

天下一武道会の、司会者の真似をしてたのにはビックリ。

 

悟空やクリリンの声が、

聞き慣れた声優さん達の声でない事に少し違和感を覚えますが、なんのその。

 

鳥山先生、ありがとう〜(*´∀`*)☆*:.。.

ほんと、タダでこんなに英語が楽しめて。

良い時代だなぁ。感謝感謝です。

 

 

 

よく見てるな〜

私は、以前ネットで読んだ事があったので知ってましたが、

今日、突然MKが、

 

「そう言えばBiffって、ズボンばっかりはいてるよね〜」

 

と言いました。

 

ビフは、女の子だけど、スカートははかず、

「女の子だから」という理由がつくと、

 

It's not fair!

 

とすぐやる、ちょいフェミニストなんです。

 

するとTT、

本棚から2冊本を持ってきて、

 

「スカートはく事もあるよ」

 

f:id:jugon0803:20170209215343j:image

 

って教えてました。

 

まぁ、どちらもお芝居で仕方なくスカート、って状況ですが。

 

 

両者共に、よく見てるわー。

 

 

とお母さん感動しました。

 

 

 

 

マジックワード

MKがよく口にするセンテンスがあります。

 

「In a bit!」

 

これは、彼が英語の本を読んで獲得した、

「意味」を明確にわかった上で使用してる言葉です。

 

f:id:jugon0803:20170207221809j:plain

 

私「早くゲームを終わりにしなさい!」

 

MK「インナビット!」

 

 

しょっちゅうこのパターンで使われてます。

 

 

ここで大事なのが、MKは

 

in 中に

a 単数?

bit 少し??

 

なんて、考えてないことです。

 

MKは小学3年生で、単語も文法も教えてないので、

それぞれの単語の意味を考えるスキなんてものはそもそもないのですが。

 

中学生くらいになると、

こうやって単語をバラバラにして、

下手すると品詞とか考えだしちゃったりして。

 

いやいやいや違うのよ。そーじゃなくってさ。

 

「インナビット」

 

このひとかたまり。

 

これを唱えると、母ちゃんの動きを少しの間止めることができる、

マジックワード( ´∀`)💖

くらいな感じで彼は使ってるような気がします。

 

 

この場面でも使われてたし、

あの場面でも使われてるってことは、

つまり、こーゆー意味なのね!?

 

ってのを繰り返して言語をモノにしていけたら、

それは素晴らしいことだと思います。

 

多分、こんなセンテンスをいくつか覚えた程度では、

英検も受からないし、

中学校で定期テストでいい点取れる訳ではないかもしれません。

 

でも、点数では測ることのできない「英語力」が育っているのを、

感じることができます。

 

 

 

 

 

 

 

スキャンアプリ!

 英語の話ではないので恐縮ですが。

 

 

f:id:jugon0803:20170206203512j:image

 

私はiPhoneユーザーなのですが、

最近入れたスキャナのアプリが…

 

超絶便利‼️

 

 

テキストやら問題集やら、仕事柄コピーすることがしょっちゅうなのですが、

うちのプリンタA4を主に使ってるのに

問題集のサイズがバラバラで、

いちいち拡大してたのが、

スキャナアプリのおかげで、一発で問題解消☆*:.。.

 

 

スマホで写メ撮って、

それをPDF変換して、無線でプリンタにデータ送って、

全部A4でプリントアウト(´∀`)

 

 

なんて便利な世の中になったんだぁ〜

感激(*´Д`*)

 

たまにシャッター音と共にアプリが落ちたりしますが、

そのうち改善していただけるでしょう。

 

やー、ほんとにありがたい。

感謝感謝〜☆*:.。.:*☆

 

 

大きな針

f:id:jugon0803:20170205101458j:plain

 

はい来ました〜。

 

 

1月のはじめに1冊購入して、子供達の食いつきぶりに

 

「これだッ!」

 

と閃いて注文した、ゼルダシリーズ(英語の漫画)です。

 

何気なく机に置いときましたが、

TTもMKも、がっちりハマって読みふけってます。ふふふ。

 

 

丸の内丸善では確か10冊セットBOXで、1万円超えだったと思いますが、

Amazonでおよそ半額で買えました。

時間がかかりましたが、

ベルギーから無事に我が家に到着いたしました!

送料257円!(^ ^)

 

 

本の購入ですが、

国内で手に入らないものでどーしても欲しい時はEbayを利用しますが、

ネックになるのが送料。

本の価格は低く抑えられても、結局送料で2〜8000円とかしてしまうので、

やはり国内の業者か、Amazonさんで購入することの方が多いです。

 

 

Amazonの海外から発送してくれる業者さんは、

この送料設定で大丈夫なんかいな?と思う安さですが。

利用者にとっては、嬉しい限りです。ありがとうアマゾン。

 

 

このゲーム(日本語)→漫画(英語)のつながりは大きい。

特に、ハマってるものだと、入り込み方が違う。

 

 

「ゲームなんて買わなきゃよかった!!」

ってプリプリ怒ったことが何度もありますが、

こんな時は、

「ゲームやらせてて良かったなぁ〜」

とか手のひらをクルリンと返して思っちゃいます。

ゲンキンな母ですみません〜😂